三十路理系男の科学ニュース日記

ブログ名のとおり、三十路過ぎの理系男が世の科学ニュースを見て色々思ったことを書き連ねるブログです。

姉妹サイトのご紹介・オリジナル元素周期表をダウンロードできます

このブログの管理人は、別のウェブサイトを運営しています。そこでは管理人が作成したオリジナル元素周期表(PDF版)を公開しています。

以下のウェブサイトです。

元素周期表のダウンロードページ | よしじのものおき Yoshi-G's Storage Room

f:id:over30scientist:20170805231411p:plain

見た目にも美しく、かつ学術的にも価値ある元素周期表を目指して作りました。

フォトフレームなどに入れて飾ると、ちょっと知的(?)なお部屋のインテリアにもなります。

ぜひダウンロードして、お試しください!

カナダで発見された大型恐竜の化石について。今や化石から体色も推定できる時代。

1億1千年前の白亜紀に生きていた大型よろい竜(ということは草食恐竜)の化石について、おもしろい記事があった。

www.afpbb.com

この記事のタイトルにある「生存の苦闘」とは何を意味しているかというと、体色がシマウマやシカのような、目立ちにくいカモフラージュ(「カウンターシェーディング」と記事中では紹介されている)だったため、肉食恐竜たちの脅威が大きかったのだと推測しているのだ。そのような体色にしなければ、肉食恐竜たちにすぐ見つかって餌食にされてしまう、ということだ。

さて、化石というのは基本的に、色が残らない。氷河の中に保存されていた氷漬けのマンモスの「化石」のような特殊な例を除けば、体の色はまったく再現できない。いや、できなかった。恐竜図鑑の恐竜たちの、グレーやら茶色やらの色は、だいたい現生のトカゲのような爬虫類をモチーフに描かれているのだが、そもそもどのような色をしていたのかは全く推測できなかったのだ。

東京・上野の国立科学博物館にあった恐竜の展示に、真っ白く目が赤いものがある。これは色素が完全にない先天異常の「アルビド」をモチーフにしたためだ。なぜそういえるのか私には完全に理解できないのだが、アルビドはどのような生物にも極めてまれに生まれるらしいので、恐竜とてアルビドの恐竜はいたはずだ、というのだ。つまり、一般的ではないものの、絶対にそのような色の恐竜がいた、と断言できる模型を展示しているらしい。

しかし、約10年くらい前からだろうか、保存状態の良い恐竜の皮膚の化石表面を詳細に分析することで、その皮膚にどのような色素があったかを推測できる例が出始めた。化石の保存が良いのが絶対条件だが、それにしても化石表面を電子顕微鏡?レベルで分析するのだから、目覚ましい技術革新である。これによって、一部の恐竜たちについては、体の部分的な色が推測できるようになっているらしい。

そのうち恐竜図鑑に、我々の想像もしないような色彩の恐竜が紹介されるようになるのかもしれない。

時計を合わせるのに便利なウェブサイト NICT

今でこそ電波時計が普及しており時計を合わせるということが少なくなってきたが、そうでない時計を持っている人もまだ多いだろう。

時計を合わせるのに、以前はよく117に電話していたが、当然お金がかかる。テレビの時報で時計を合わせることも以前はできたが、地上デジタルテレビ本体でデータを「解凍」するために1~2秒かかるので時計を合わせるにはまったく役立たない。それが理由でNHK時報をやめてしまったし。

さて、そんな中、無料で正確な時刻を知るのにお手軽なのが、以下のウェブサイトだ。

 

国立研究開発法人 情報通信研究機構

http://www.nict.go.jp/JST/JST.html

 

「サーバーから供給された時刻」は正確で色々役に立つ。電波時計も、時々屋内だと受信状態が悪いことがあるので、時々確認してみるのもいいかもしれない。

ところで、上記のNICTのサイトでは、「協定世界時」と「国際原子時」とがある。「協定世界時」は、いわゆるグリニッジ天文台を通る経度0°の子午線での時刻なのだが、国際原子時は1958年1月1日0時0分0秒を基準として原子時計で正確に測定された時刻である。

2017年8月時点で既に37秒も差があるが、これはすなわち、地球の自転速度が遅くなっているためである。地球の自転は、海水との摩擦(潮汐)などで徐々に遅くなってきているのだ。ちなみに、約6億年前には、地球の1日は20時間ほどだったというのだから、時間をかけて確実にその時点は遅くなってきている。そして、地球の自転が遅くなっているのにつれて、月は毎年数cmずつ地球から離れていっているらしい。

それにしても、そもそも1日とか1秒とかって日が昇って落ちる繰り返し・・・地球のそのときの自転速度を基準にしていたのに、今や1秒の時間の定義の方が厳密になってしまい、「1日」の時間が少しずつ長くなっているのが観測されているのが、不思議というかなんというか。

初めて太陽系外の「衛星」が発見される

4000光年先の惑星の周りを回る衛星が発見されたらしい。

natgeo.nikkeibp.co.jp

20年前では太陽系外の惑星を観測することすらままならなかったのに、今や太陽系外の惑星は数多く発見され、ハビタブル、すなわち生命が存在・生息可能な惑星さえも発見されている。

そして今回は、そのような惑星の周りを回る衛星が確認されたという。しかもどうやって確認したかというと、その衛星・惑星が回っている恒星の明るさのごくわずかな変化らしい。観測機器の精度向上がもたらすものはすごい。

土星でもオーロラがみられる!探査機カッシーニが映し出した映像

土星探査機カッシーニは、土星の輪に急接近したりと今まで人類が知らなかった土星の謎を解き明かしてくれた。

今回は土星の南極に発生したオーロラの画像を送ってくれた。

sorae.jp

画像は着色・・・なのか色相をずらしているのかはわからないが、とにかく目で見てこのような色をしているわけではないとは思う。しかし、南極を中心にリング状のオーロラが発生していることがよくわかる。

正直にいおう。私は土星でオーロラが発生することを知らなかった。土星でオーロラが発生するということは、土星にも地球と同様の磁場があるということなのだろうか。ということは、土星の核の部分・・・岩石の部分の内部も、地球と同様、高温の液体状の鉄が流動して磁気を発生させているのだろうか。地球の9.5倍太陽から離れている場所で、太陽風土星の磁場に干渉するのだろうか。それとも何か別のメカニズムでオーロラが発生しているのか?

想像するだけでもおもしろいが、実際はどうなるのだろう。

 

日本に住むすべての人に知っておいてほしい、鬼界カルデラについて

昨日7月30日(日)、NHKスペシャルで日本列島の成り立ちについて紹介する番組を放送していた。

NHKスペシャル | 列島誕生 ジオ・ジャパン第2集 奇跡の島は山国となった

さて、この番組の中で、紀伊半島の南端で約1500万年前に起きたカルデラ噴火について紹介していた。それはそれは恐ろしい、今の日本で起きたらどうなるだろうか、という恐怖感を感じる内容だった。おそらく、多くの人は、まぁ1500万年前だし・・・くらいの気持ちでご覧になったと思う。

しかし忘れてはいけない、もっと最近、日本でさらに大規模なカルデラ噴火が起きていたことを。おそらく、この当時西日本に上陸していたであろう人類は死滅したと思われる。それくらいの大噴火が起きていたのだ。

www.mbs.jp

場所は鹿児島の南方、大隅半島の南端佐多岬屋久島とのちょうど真ん中くらいの海底である。上に紹介した記事にもあるとおり、この鬼界カルデラ、今も絶賛活動中なのだ。そしておそろしいのが、この鬼界カルデラが再度大噴火を起こすと、日本だけで1億人の死者が出ると予想されている。

1億人!もはや規模が大きすぎて、悪い冗談にすら聞こえない。まぁ要するに、東北と北海道に住む人以外は死にますよ、ということだ。実際、7300年前に噴火した火山灰は、関東地方にも「アカホヤ火山灰」としてしっかり降り注いでいる。(アカホヤという名前は宮崎県のものらしいが。)

火山大国というだけあって、日本の火山の規模は本当におそろしいのだ。ちなみに、鹿児島県の厚いシラス台地を作ったのは、約2万5千年前に噴火した別の火山(鹿児島湾北部の「姶良カルデラ」)によるものだ。そのような恐ろしいとしか形容できない火山と、私たちは隣り合わせで暮らしているのだ。

このような噴火がひとたびおきれば、もう逃げられない。飛行機はジェットエンジンに火山灰を吸い込むと飛べなくなってしまう。鉄道も線路に大量に火山灰が積もれば脱線してしまう。雪と違っていつか溶けるわけでもない。だから、私たちには対策のしようがない。噴火したら最後、天に身を任せるしかない。自分たちが生きている間に起きなければいいが、2011年の東日本大震災のように、マグニチュード9の地震が起きたりもするのが現実だ。

備えても、どうしようもないかもしれない。ただ、どうか、マンガやSFや、人類誕生以前の昔話ではないということだけは、知っておいてほしい。

日本初の民間宇宙ロケット。宇宙空間へは達しなかったが・・・

日本発の民間宇宙ロケット!何回か打ち上げが延期されつつも、いよいよ打ち上げ!

sorae.jp

残念ながら、「MOMO」=百(もも)の名前が目指す高度100kmには達しなかったようだが、このようなビジネスが日本で成り立つようになったのが感激だ。

日本ほど、チャレンジのしにくい国はないだろう。とにかく失敗が許されない。職歴にブランクがあると、一般企業から社会不適合者とレッテルを貼られてしまう日本にあって、このような宇宙ベンチャーが宇宙ロケットを打ち上げたのはとても意義深いと思う。

どんな技術も、失敗を積み重ねて成り立ってきた。今回も発射台からの打ち上げはできたわけだし(50年前の冷戦時代の米ソのロケットは発射台ごと爆発というパターンも多々あった)、ぜひ今回の経験をもとに、日本の民間宇宙開発の先駆けとなってほしい。