三十路理系男の科学ニュース日記

ブログ名のとおり、三十路過ぎの理系男が世の科学ニュースを見て色々思ったことを書き連ねるブログです。

アルゼンチンで発見された巨大恐竜のニュースのお茶目な研究者

2014年にアルゼンチン南部で発見された巨大恐竜に関するニュース。今週になって、Patagotitan(パタゴティタン)という名前が与えられたらしい。

BBC News(英語のみ)

www.bbc.com

記事の表題は、発見当初は77トンと推定された巨大な体が、その後の詳細な研究で69トンだと見積もられたことから、「ちょっとスリムダウン」と書かれている。

さて、この記事の最後に、研究者がこのパタゴティタンの骨と一緒に並んでい写っている写真があるのだが、それがなんだかお茶目なのだ。もうどう見てもいい年のおっさんなのだが、やはりこのような研究者の方々は恐竜大好きでやっているわけで、顔から嬉しさがにじみ出ている様がなんともおもしろい。

英文が読めない方も、ぜひその写真だけでも見て和んでほしいと思う。