三十路理系男の科学ニュース日記

ブログ名のとおり、三十路過ぎの理系男が世の科学ニュースを見て色々思ったことを書き連ねるブログです。

青い色素はなぜこうも人間を引き付けるのか。ネタ的な意味でも。

青いバラを作る研究は、遺伝子操作などが今のように当たり前になる以前から行われてきた。数々の物語の主題や副題としても、青いバラは多々登場してきた。しかし、バラに限らず青が存在しない花は多数ある。今年7月下旬には、ついに青いキクが誕生したらしい。

www.gizmodo.jp

バラやキクでは珍しいものの、青い花自体は探せばわりと身近にあったりする。日本では、春先にどこかの河原の草むらなどで見かけることのできる「オオイヌノフグリ」なんかはしっかり青い色をした花をつける。

しかし、なぜか青い色素というのは、人々の心を惹きつけて止まないようだ。バラやキクのように、わざわざ多額の研究費用を投じて遺伝子操作してまで、もともと青が存在しない種類の花を青くしようというのだから。多額の投資をしても、生花市場で流通して高い収益を生み出しているわけでもないし、ましてや何か人類にとって画期的に役立つことがあるわけではない。ただ、物珍しさと好奇心のためだけに、これだけ話題にされるのは、青い色素の持つ魅力なのではなかろうか。

・・・さて、青い色素という話題で管理人がいつも思い出すのは、2004年にネットでネタとして大流行したペプシブルーだ。覚えている方もいるだろうか。

このペプシブルー、味が不味いと商品自体は大変不評だったのだが、ネットでは大評判だった。このペプシブルーを使って米を炊くなど、斬新なネタツールとして。

 ↓ googleで検索してみると、このとおり。

ペプシブルー ご飯 - Google 検索

 

当時でも青い食用色素など簡単に手に入ったであろうに、わざわざペプシブルーを買って米を炊くのだから、ペプシブルーは相当なインパクトがあったのだろう。青い食材って見たことないような気がするので珍しさもあったのだろう。

まぁそもそもはペプシブルーを普通に飲んだ後、便が緑色になるというのがネタとしての発端だったのだが。いったいどれだけの色素を含んでいたのだろうか・・・。

この記事をご覧のみなさんも、青色のバラやキクを作るのは難しいとは思うが、ぜひ一度ネタとして青いご飯を炊いてみてはいかがだろうか。パーティーなどに持っていけばウケること間違いなしだと思う。(食べてもらえるかはわからないけど。)