三十路理系男の科学ニュース日記

ブログ名のとおり、三十路過ぎの理系男が世の科学ニュースを見て色々思ったことを書き連ねるブログです。

スマホのカメラで菌を見ることができる顕微鏡がおもしろそう

最近はUSB接続の顕微鏡などが安価に売っていて、私が小学生だった20年以上前と比べてもミクロの世界を手軽に見ることができるようになった。

そんな中気になったのが、スマホで菌が見えるという小型顕微鏡だ。 

www.sankei.com

 

ちなみに、どんなものかというと、下のリンク先がわかりやすい。

sukini164.com

 

なぜスマホなのか・・・?

アプリの開発環境とか、カメラの仕様が統一されているとか、スマホの普及率とか、そういったところがスマホにした理由なのかもしれない。最近は中途半端なデバイスを開発するよりは、スマホを利用した何かを作る、といった方が効率がいいのかもしれない。

菌が見えるというのは、どのくらいの倍率なのだろうか。相当な高倍率・高解像度なのではないだろうか。ちょっと試してみたい。