三十路理系男の科学ニュース日記

ブログ名のとおり、三十路過ぎの理系男が世の科学ニュースを見て色々思ったことを書き連ねるブログです。

ベジタリアンが地球温暖化を防ぐ!?

BBCニュース(英語)にこんなタイトルの記事がありました。しかも、国連の専門家がそう言っている、とのことです。

www.bbc.com

食品産業からの二酸化炭素の排出が全体の26 %、そのうち過半数の58 %が動物食、つまり肉製品とかから排出されている、ということだそうです。

日本人にはベジタリアンとかビーガン(vegan、卵や乳製品も食べないどころか、革製品も使わない完全菜食主義者)の人ってまだとても少ない印象がありますが、欧米系の人の中にはけっこうベジタリアンはいるような印象が個人的にはあります。

一方で、ビーガンの方々の話を聞くと、人によってはビタミンB12が不足して健康診断で色々指摘されたりと、必ずしも健康とは言えない方もいるようです。日本人は、少なくとも私はなんでもバランスよく食べて健康で長生きに、という食育を親からも小学校からも教わってきたので、そこまでしてベジタリアンになろうと思う方も少ないのかもしれません。

しかし、ビーガンの方々の話をよくよく聞くと、ナチュラリストというのか、つまりそれで長生きできないのならそれが自分の寿命なのだ、というような考えの方も結構いる印象があります。

突き詰めると、地球温暖化はそもそも肉製品だとか食品産業だとか関係なく、地球全体の人口が増えすぎていることが根本的原因のような気がしてきました。そういう意味では、個人が長生きしすぎるのも問題なのかもしれませんが、あまり深く考えると良い結論に至らないかもしれないなぁと思ってきました。

私はお寿司が好きなので、ベジタリアンにはなれそうもないです。罪を背負って生きていくしかなさそうです。